スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
ポチッと応援おねがいしますv(^^)v

過去のスペイン植民地を訪れて連想すること

 エクアドルに入国した途端日本人の新婚旅行中のご夫妻が襲撃され、旦那さんが死亡、奥さんが重傷という衝撃的なニュースが。

 自然は美しく

P1010016.jpg

 町はきれいだし、とても平和に見える

 P1010062.jpg
人々はとても大らかで優しい

 
P1010013.jpg


 そんなことがとても起きるような国には見えないが起きたことは紛れもない事実なのでどんなに平和なところでも悪い人は存在し、油断は許されないのだろうか

 
 南北半球の境である赤道、エクアドルという国の名前の由来


 P1010045.jpg


 エクアドルの首都キトは世界遺産に登録されている。町中にスペイン支配時代の素晴らしい教会が数多く残されている。植民地時代西洋諸国が必ずしも凶暴な軍事力ではなく、植民地に宗教施設を普及させ、人々に神を信じさせることによって自主的に農作物を教会に奉納させ、それを本国へ運んでいた。

 真実を知らぬものは奴隷になるは本当だ

 しかし植民地統治により、残されたこれらの建築、文化遺産により、すごい数の観光客が押し寄せ、それによって莫大な富を生んでいることも事実である。

 歴史を見るときプラスとマイナスの両面が必要、マイナスばかり主張してると中、韓、朝みたいな過激な国が生まれる。

 南アフリカの故ナラソン・マンドラの名言を中韓の指導者はなぜ全然参考にしないだろう

 我々はよりよい将来の友好を築くために過去を許す
 

 南米にはコロンビアという国があり、北米にはアメリカという国がある。どれもこの大陸にとんでもない悲劇をもたらせた人間である。


 南北アメリカ大陸の原住民の大らかさに頭が上がらない、中、韓、朝もこのくらいの寛大さをもっていれば、アジア全体も本当に平和になるだろうなぁ。


 
 



 
にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
ポチッと応援おねがいしますv(^^)v

世界一周11か国目ペルーへ入国PageTop苦が残るガラパガス諸島

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://chingishaan.blog99.fc2.com/tb.php/523-6777b57c

店長スーホのプロフィール

店長スーホは 世界一周の旅から帰国後に 3月から赤坂モンゴル料理を再開しました。
モンゴル料理『スーホダイニングバー』 in 赤坂です。 新しいブログはhttp://sekaiheiwa111.blog.fc2.com/

スーホ

Author:スーホ

Facebook もヨロシク!

Twitter もよろしく!

カテゴリ
ポチっと押して~m(_ _)m

  にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ

↑↑↑ 応援宜しくお願いします ↑↑↑

動画 〈宴会〉

その他の動画はこちらを Click

最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。